いい影響を与えることもある

家庭と仕事を両立させることは簡単なことではありません。とりわけ女性の中には、共働きで働いているにもかかわらず女が家事をするべきだという考えの名残を受けて、仕事と同時にすべての家事をこなしていかなければいけないという状況に立たされている人も少なくないでしょう。男性もかつては仕事だけをしていればよかった時代もありましたが、現代においては夫婦共働き世代も増えてきており、仕事だけでなく家事を担っている男性も珍しくない存在となってきています。

しかし、このように仕事と家庭を両立させるということは、決して悪いことばかりをもたらすものではありません。むしろ良い効果を与えることもあるのです。たとえば仕事だけをやっている場合、どうしても視野が狭くなってしまいがちです。一つのことをやり続けるということは、確かに単純で労力を必要としないことのように思われますが、実はことのほか大変なことなのです。同じことを繰り返し続けることは日常生活の単調化を招きかねず、ストレスをため込むことにも繋がりかねません。もちろん、休日に息抜きをすることもできるかもしれませんが、いわば日常にメリハリを付けることが難しくなってしまっているのです。仕事と家庭を両立していこうとすると、仕事一辺倒に陥らず、適度な緊張感を持ちながら日常生活を過ごすことで、むしろストレスを緩和する効果すら期待することができるのです。大変と思われている家庭との両立が、実はいい息抜きになっているということもあるのです。

Leave a Reply